本文へジャンプ
特色ある学校行事をご紹介します。


入学式
ご来賓や保護者の方々のあたたかなまなざしに包まれて、五島南高校の生徒としての生活が始まります。

歓迎式
生徒会の主催で、上級生と先生方が一緒になって、学校生活を送るうえでのちょっとした気づかいなどを教えてくれます。なごやかなムードの中で新入生は五島南の一員としての自覚を高めていきます。

新入生研修
本校の新入生研修は、すべて学校内で行われます。
みんなで校歌を歌ったり、集団行動の練習をしたりしながら、学年の一体感が高まります。また、高校生活や将来の進路についての講話もあり、いよいよ高校生としての自覚を深めていくことになります。

歓迎遠足
歓迎遠足は三井楽の万葉公園で行われます。生徒会が企画して、ゲームや長なわとびなど、生徒も先生もみんなが一緒になって盛り上がります。新入生の上級生も五島南高生であるという連帯感で結ばれます。

稲作体験(田植え・稲刈り)
4月末、田植えを行っています。ユニークな行事でテレビなどでも報道されています。8月末に稲刈りを行い、収穫されたお米は文化祭でカレーとしてふるまわれます。また、近隣の施設などにも提供しています。

高校総体
6月、県の高校総体が行われます。県内の各地で繰り広げられる熱戦は、まさに青春がまぶしく輝いている瞬間だといえます。息の合った行進は、毎年高い評価を得ています。

進路ガイダンスセミナー
誰もが自分の将来についてはいろいろと考えるものです。五島南高では6月と2月にすべての学年を対象に就職や進学の幅広いジャンルで、各分野の担当の方々から直接お話を聞くことができるセミナーを開催しています。

クラスマッチ(校内球技大会)
7月と12月には、学級対抗のクラスマッチを行っています。バレーボール、バスケットボール、ソフトボールなど日頃の学級でそはぐくまれたチームワークがみごとなプレーとなって花を開かせます。

野球部壮行式
本校には伝統ある軟式野球部があります。平成22年度は夏、秋の県大会でいずれも優勝し、県の代表として九州大会まで進出しました。
 

介護体験
夏休みに進路研究の一環として、将来福祉系の仕事を目指している生徒を中心に、島内各地の施設で介護体験を行っています。

夏季特別学習
 学力のさらなる向上を目指して、早朝補習、夏季補習などを行っています。また、学習合宿に代わるものとして図書室を利用して1日に10時間程度の自学を行う特別学習も実施しています。

体育祭
9月、暑い陽射しを浴びながら、五島南高生のエネルギーが輝きを増します。手作りだからこそ伝わる力強さと友情の大切さをみんな実感しています。

文化祭
10月の文化祭です。合唱コンクールや学年の劇などのステージと展示やバザーなどの教室で華やかに催されています。

一人一鉢運動
11月には3年生が地元の保育園の子どもたちといっしょにチューリップの球根の鉢植えを行います。このチューリップは、春に生徒会役員が役場や施設に持って行って飾っていただきます。

校内百人一首大会
12月は、全学年による百人一首大会で盛り上がります。上位者は1月に行われる下五島地区百人一首大会に出場します。平成22年度まで、2年連続の準優勝という好成績をあげています。

校内マラソン大会
12月の行事として、マラソン大会も行われます。学校を中心に川原地区を走るこの行事は、地域の皆様にもあたたかな応援をいただいています。


修学旅行
1月には、2年生の修学旅行です。平成22年度からは、スキー研修、京都市内見学、大阪のUSJ体験や工場見学など、内容も充実しています。乗り物もジェットフォイル、新幹線、飛行機、大型フェリーなど、社会に出て役立つよう企画されています。


卒業生を送る会
2月の、卒業生を送る会です。生徒会が企画運営を行って、卒業生をあたたかく送ります。毎年、感激のシーンが見られます。

卒業式
3月1日は卒業式です。この日を境に、卒業生たちは、「誠実・努力・積極」の校訓を胸に、母校を後に旅立っていきます。