諫早高校

  1. HOME
  2. 諫高附属中

校長挨拶

本校は、今年度、高等学校創立108年目、附属中学校開校9年目を迎える、長崎県では、3校目の併設型中高一貫教育校です。約1,200名の高校生(全日制・定時制)と附属中学生が、社会に有為な逞しい人間に成長しようと学んでいる学校です。 本校では、校訓「自立創造」が示す、自分の人生を自分自身の努力で創造していく力を鍛えるため、校是「文武両道」の実践に努めています。生徒は、第一志望の「行きたい」大学等への進学を目指すとともに、部活動や生徒会活動でも懸命に活動し、人間力の基礎基本を充実させることに意欲的に取り組んでいます。生徒の言葉を借りれば、「大変だけと楽しい」学校であり、「真面目に頑張る人を応援する」学校です。 高い志を抱き、自分の能力・可能性を最大限に伸ばすことに主体的に挑戦し、誠実でひたむきな努力で、一人一人の花を咲かせてもらいたいと思います。と同時に、生徒たちが目標に向かって邁進できるよう、保護者、同窓生、地域の方々をはじめ、多くの皆様に陰で支えていただいていることを感謝し、その感謝の気持ちによって生徒たちの心が豊かになってくれることを願っています。そのような「学び」を通して、将来の郷土を、日本を、そして世界をリードする人材へと生徒たちが成長してくれると信じています。どうか、諫高及び附属中学校に熱いご声援をお願いします。

諫高附属中学校の特色

少人数授業

少人数授業

数学科、英語科では少人数授業やTT指導を行い、個人に応じたきめ細かな指導を実践しています。

輝きタイム

輝き★タイム

読書タイム、質問タイム、生徒会活動タイムを週替わりで実施し、生徒の自主的な活動を推進しています。写真は生徒会活動の様子です。

輝きタイムミニ

輝き★タイムmini

諫高附属中図書100選を制定するなどして読書活動を推進しています。また、新聞記事を読んで考えるCDA活動などを実施します。

諫高附属中学校の教育方針

校訓『自立創造』~高い志を抱いて自分の人生を自分の力で切り拓く~の理念のもとに、人間性を豊かにして徳、知、体の調和のとれた社会に有為な逞しい人間を育てる。校是は『文武両道』。
[努力目標]
(1)生徒指導の充実と教育相談の推進
(2)師弟同行の下での道徳的実践力の育成
(3)学力の充実・向上と進路希望の実現
(4)芸術文化活動・読書活動の推進
(5)健康教育の推進と安全管理の徹底
(6)学校行事、生徒会活動及び部活動の充実と推進
(7)省エネルギーの推進と美化意識の醸成
(8)併設型中高一貫教育の充実と推進
(9)理数科教育の継承
(10)広報活動の充実と開かれた学校づくりの推進

諫高附属中の沿革

 
平21年 4月 1日
県立諌早高等学校内に「県立中学校開設準備室」設置。
平22年 8月 1日
「長崎県立諫早高等学校附属中学校」設置。
平23年 1月31日
第3棟(中学棟)竣工。
平23年 4月 8日
開校式並びに第1回入学式挙行。
平24年 2月 24日
中学部室棟新築工事竣工。

ページトップ