平山養護学校時代            →鶴南養護学校時代へ


昭和53年度
  

53. 11.1 長崎県立平山養護学校(仮称)設立準備委員会 山崎俊介 発令
54.  1. 1 長崎県立平山養護学校(仮称)設立準備委員会 準備委員 榎 稔 発令
54.  2.16 起工式

昭和54年度

 54. 4. 1 長崎県立平山養護学校設置告示(県条例12号)
 54. 4. 1 長崎県立平山養護学校 開校 (仮校舎「西彼杵郡三和町大字布巻」)
初代校長 山崎俊介 就任


〜平山養護学校のスタート〜
布巻のプレハブ校舎から、遠足へ出発!

54. 4. 9 第1回入学始業式
 (小学部8学級29名,中学部4学級18名,訪問教育5学級21名) 計68名
54. 7.31 新校舎落成
54. 8.20 本校舎へ移転 (長崎市平山町1232番2)
54.11.15 開校記念式典挙行
55. 3.15 第1回卒業証書授与式
(小学部5名,中学部6名,訪問教育7名[小学部]) 計18名

 
〜平山養護学校校舎全景〜
現在、建物は知的障害児施設「みのり園」として利用されています。
 
〜平山養護学校の校旗〜


昭和56年度

57. 3.31 訪問教育主管校を長崎養護学校へ移管

昭和57年度

57. 4. 1 第2代校長 副島金三郎 就任

昭和59年度

59.11. 6 県教委指定「運動能力を高め,一人ひとりの発達をめざす指導」研究発表会開催


〜平山養護学校時代の運動会〜
入場門の上に平山養護学校時代の校章が見えます。


〜平山養護学校時代の水泳指導〜
当時は長崎市民プールに出かけていました。
   

昭和60年度

60. 4. 1 第3代校長 菊永武行 就任
60.11.19 県・市教委指定「交流教育研究発表」協力校 (推進校:長崎市立深堀中学校)

昭和61・62年度

市教委委託「交流教育研究」 協力校 (推進校:長崎市立南陽小学校)

昭和63年度

63. 4. 1 第4代校長 田平寛幸 就任
H1.2.7 文部省・県教委指定「心身障害児適正就学推進研究」研究発表会開催
H1.3.31 長崎県立三和養護学校 閉校 
 (昭和47年4月1日に開校:旧西彼杵郡三和町蚊焼)


〜三和養護学校校舎全景〜
この時代の建物は鶴南養護学校になった現在も活躍しています。
どの部分か分かりますか?


〜三和養護学校の校旗〜



平成元年度

1. 4. 1 中学部が旧三和養護学校校舎に移転
1. 4. 7 入学式(旧三和養護学校から17名,その他から3名が転入学)
1.11.12 平山養護学校 創立10周年記念式典挙行及び学習発表会開催


〜平山養護学校の10周年記念学習発表会〜

平成2年度

2. 6.11 新校舎起工式
2.12.28 新校舎竣工(管理棟・教室棟・給食室・便所・渡廊下等)
3. 1.10 中学部新校舎へ移転
3. 3.14 第12回卒業証書授与式 (小学部16名,中学部15名)  計31名
3. 3.31 三和校舎大規模改修工事完成

↑ページトップへ戻る