【平成31年度学校案内】
ココをクリック

【長崎地区PTA研修会】
11月10日(土)県総合福祉センター大会議室において、「心豊かで健やかな長崎っ子を育むために」の大会主題のもと、平成30年度長崎地区公立高等学校PTA研修会が開催されました。
開会行事に続き、やすひウィメンズヘルスクリニック院長の安日泰子氏から『私たちすべての課題』~自分らしさに出会うまで~の演題で講演がありました。
活動報告では本校の飯島会長が「両道顕揚を支えるPTA活動」の演題で発表を行い、PTA新聞の発行や、文化祭におけるPTAバザー、持久走・駅伝大会時のうどん炊き出しや、図書館ボランティアの活動など本校PTAの様々な活動を紹介しました。
当日は本校から四十二名の会員の皆様にご参加いただきました。お忙しい中参加くださった皆様どうもありがとうございました。


【第2回生徒総会】
 11月13日(火)、第2回生徒総会が開催されました。
 各種委員会の前期反省や後期の活動目標の発表後、「学校生活を良くするために」と題して生徒からの要望に対する回答を行い、バス停でのマナーや生徒用椅子のカバー、文化祭についてなど活発な意見交換を行いました。また、生活委員長からは、気持ちの良い学校生活を送るためにも、制服の着方やスマートフォンの利用の仕方などのルールをきちんと守ることについての確認がありました。


【さわやかさと親しさとやさしさを】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高生は“たった一秒の言葉”を大切にしています。
心と心を結んで、「あいさつ学校」をつくっていきます。


【「ありがとうフェスタ」に参加しました!】
 11月4日(日)、特別養護老人ホーム「サンハイツ」にて開催された”ありがとうフェスタ”に、本校1年生の女子15名がボランティアとして参加しました。
 もちつきの補助、出店屋台のスタッフ補助、抽選会の補助を行うボランティアでしたが、うまくいかないときにはスタッフの方に指示を仰いだり、すべきことを考えたりしながら、活動しました。
 仕事に加え、他のボランティアの方、施設利用者の方々との触れ合いから学ぶことも多かったようで、貴重な体験となりました。ありがとうございました。



【第14回長崎県高等学校総合文化祭(しおかぜ祭】
 いよいよ来週に迫りました県高総文祭。11月16日(金)~18日(日)の3日間、長崎ブリックホールにて開催されます。しおかぜ祭として3日間の開催となってからは県南地区で初めての開催です。
 本校からは以下の生徒が出場し、1・2年生の文化部員約120名が総合開会式に参加します。
 11月16日(金)
 ●総合開会式(16日(金)13:00~15:30 大ホール)
  加盟校紹介   山口 航大(1-3 生徒会副会長)
  専門部紹介   二里 理央奈(2-1 放送専門部)
         花野 こうめ(2-7 器楽・管弦楽専門部)
  開会宣言    西  俊紀(2-1 生徒実行委員会副委員長))
  生徒アピール  日吉 梨菜(2-2 生徒会会計)
         川浪 愛里(2-3 生徒会総務)
  アトラクション 二里 理央奈(2-1 放送専門部) 
  式典運営    西 俊紀・日吉 梨菜・川浪 愛里・毎田 晴彦(2-2)
          三岳 亘平(2-4)・松尾 倭歩(1-3)
 ●弁論部門大会(16日(金))10:00~16:00
  基準弁士  加藤 弥生(1-1)
  出演弁士  木村 陽(1-4)
  出演弁士  松島 葵(1-3)
  総文祭ポスターはこちらをクリックしてください。



【防災避難訓練】
 11月6日(火)に長崎北消防署員の指導のもと、防災避難訓練を実施しました。
今回は誤報訓練、地震速報訓練、地震発生からの出火を想定した避難訓練の3つの訓練を実施しました。
 地震発生時の対処法及び防災時の身を守る原則について、北消防署員の方から講話をしていただきました。



【生涯愛読して悔いのない本】
 語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
 10月27日(土)~11月9日(金)は、2018第72回読書週間(「ホッと一息 本と一息」)です。
 本校では、1年生と2年生がそれぞれのおすすめの本のポップづくりを行いました。





【駅伝壮行式】
10月30日,本校体育館にて高総体の駅伝競技大会の壮行式を行いました。
男子10名,女子7名の本校選手団に校長先生と生徒を代表して生徒会の山口陽輝君から激励の言葉が送られ,選手を代表して大島大青君が決意表明を行いました。11月2日の金曜日の開催です。選手のみなさんの活躍を期待しています。



【平成30年度 芸術鑑賞会】
10月23日、本校体育館にて芸術鑑賞会を行いました。今年度は「カンジヤママイム」によるパントマイムでした。次々に展開される驚異的な身体表現と、面白いトークでカンジヤママイムの魅力に引き込まれました。また、生徒と先生が参加した銅像表現など、とても感動的な舞台でした。




【大学セミナー】
10月11日の午後、1・2年生を対象に大学セミナーを実施しました。これは、大学で研究・教育をされている先生方から講義をしていただき、大学でも学びを体験するというものです。今年は九州内の7大学から26名の先生方にご協力いただきました。生徒は自身の進路希望などをもとに興味関心のある講座を受講できるということで、意欲的に参加していました。実施後の感想文にも今後の進路選択に大いに役立ったという意見が多数ありました。ご協力いいただいた大学関係者の皆様、ありがとうございました。



【全身全霊】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高生は決して不幸な顔をすることなどありません。
北高生一人ひとりがそれぞれの未来に向かって両道顕揚に努めながら、全身全霊で打ち込めるものを探していきます。



【小江原愛宕神社の清掃に協力しました】
10月14日(日)、本校オーケストラ部が、小江原愛宕神社の秋祭りに向けた清掃を行いました。地元の自治会からの依頼を受けて、毎年夏秋の年2回協力をしているもので、7月22日のサッカー部による清掃以来2回目の協力です。41名の部員が9時頃から2時間ほど、参道の落ち葉掃きや枯れ木の撤去に汗を流しました。階段脇のたまった落ち葉もすっかりきれいになりました。愛宕神社の秋祭りは10月21日。神事や子ども神輿があるそうです。




【3学年集会】
10月3日(水)、本校体育館において、センター試験100日前集会を行いました。
  教頭先生と3学年主任の先生から「受験は団体戦」「学習でわからないところが出てきたら、それは得点源だ」「不安に打ち勝つための自信を努力によって磨き上げよ」というお話がありました。
 それを受けて、生徒代表の3年6組 本村桐哉君が「みんなの姿を見て自分も頑張ろうと思う気持ちが強くなってきました。不安はありますが、焦りすぎず、こつこつ取り組んで、人生を左右する受験に挑もうと思います。」と決意を述べました。


【進路講演会】
10月3日(水)、本校体育館において、第2・3学年、保護者を対象に進路講演会を行いました。 ベネッセコーポレーション顧問である田川祐治氏を講師としてお招きし、「迎え撃て受験~108日はアッという間~」という演題で講演をしていただきました。内容は、受験を迎えるに当たっての心構えと心掛けについてであり、「楽な方に逃げてはだめだ。粘り強く続けよ」「不安や焦りはやる気が充溢している証拠だ」「センター試験の目標点と最悪点を机の前に掲示せよ」「帰宅する前に、学習時間と学習内容を決めよ」など具体的に語っていただきました。
最後は、「物事の成否は、能力の問題ではなく、執念と挑戦の問題である」と生徒を強く鼓舞され、53回生と職員全員で「考え抜くぞ、解き抜くぞ、粘り抜くぞ」の学習三唱を唱和し、受験に向けて決意を新たにしました。



【可能性を広げる秋】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
本校では定期考査が終わり、どの学年もそれぞれの次のステージに進んでいきます。3年生はセンター試験の出願を終え、いよいよ真の受験生となっていきます。広く大きな景色を見るために、北高生はこの秋も両道顕揚に努めます。



【後期役員任命式】
10月2日(火)、中間考査終了後に後期専門委員の任命式が行われました。11の各専門委員会の委員長が呼名された後、専門委員長と副委員長の計3名に教頭先生から任命状が渡されました。教頭先生からは、役員だけでは生徒会活動は進まない。生徒全員で協力して委員会活動を活発にしよう。との話がありました。また、本校生徒会長の西俊紀君が今年度の県高等学校総合文化祭(しおかぜ祭)の副委員長に選出されており、その任命状も渡されました。本校生徒の県高総文祭での活躍が期待されます。


【明日から定期考査(9/27~10/2)】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高生は日々、両道顕揚に努め、着実に成長しています。
「そのうちやる」という通りを歩いたりしません。
「なにもしない」という家に行き着いたりしません。
明日からの定期考査に向けて、今日も全力を傾けます



【水泳 国民体育大会】
9月15日~17日、福井県の敦賀市総合運動公園にて第73回国民体育大会が開催されました。吉原 杏実さん(3年)が本県代表として出場し、400m個人メドレーで10位と、惜しくも決勝進出を逃しました。この1年間、多くの方からの声援ありがとうございました。(水泳部顧問)





【語らい広場の掲示板】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高祭という大きな行事を終え、休息が欲しい時です。
しかし北高生は、不自然な休息にならないよう、平凡なことを毎日実行して活動を続けます。


【福井しあわせ元気国体】
第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)が9月29日~10月9日の日程で開催(現在、水泳等の先行開催競技が実施中)され、本校からは3名の生徒が選手として出場します。
〇吉原 杏実(3年):水泳(競泳)競技 少年女子A400メートル個人メドレー
〇宮上わかば(3年):ライフル射撃競技 少年女子ビームピストル40発
〇田島 龍星(3年):ライフル射撃競技 少年男子10メートルエア・ライフル立射60発
宮上さんは9月12日に県立総合体育館で行われた本県選手団の結団壮行式において、「チームの意気込みと活力を全国へアピールできるよう、全力で競技する」と、選手代表として決意表明を行いました。また、本校からは、銀杏田誠教諭が剣道競技少年女子の監督として、白石洋一郎教諭、荒木隆裕教諭がそれぞれ、水泳(競泳)競技、ライフル射撃競技の支援コーチとして大会に参加します。

【文化祭・オープンスクール】
9月9日(日)に第55回文化祭・第2回オープンスクールを実施しました。1・2年と文化部による教室劇や動画上映、アトラクションが企画され、どの会場もたいへん賑わっていました。PTAバザーや食物バザーなども盛況でした。ご鑑賞いただきました保護者の皆様、地域の皆様ありがとうございました。


オープンスクール



文化祭

【文化祭 迫る!】
体育祭に続く大きな行事として、9月9日に北高祭第55回文化祭を開催します。1・2年生と文化部による教室劇や動画上映、アトラクションが企画されています。PTAバザーや食物バザーなども見どころです。本日より大道具や教室の設営などの大がかりな準備が始まりました。当日は8:30から開会します。ぜひご来場ください。





【体育祭】
今年の北高祭のテーマは「One & Only(ワン アンド オンリー)」。体育祭の見どころは、2年生男子による北高コッコデショです。55人の担ぎ手たちが気持ちを一つにして、太鼓山を舞い上げる姿は観客に感動を与えてくれました。
1・2年生男子による栂の木応援団は、一糸乱れぬ演技と熱い思いを込めた第一応援歌を熱唱し、1・2年生女子の北高ソーランは、昭和の名曲とソーラン節を歌って踊り、会場を拍手と笑顔で埋め尽くしました。
3年生全クラスによる仮装パフォーマンスでは、どのクラスもアイデア溢れる演技でクラスの団結力が深まり、高校3年間の楽しい思い出となりました。
来場してくださった皆様、本当にありがとうございました。次は9/9(日)に文化祭が行われます。準備も着々と進んでおります。ぜひ皆様、足をお運びください!





【平和を考える日】
 8月9日「平和を考える日」の集会で、長崎大学多文化社会学部教授の森川裕二先生を講師として「東アジアから戦争と平和を考える」をテーマに講話をしていただきました。
講話の中では、日・中・韓の大学生を対象にした原子爆弾投下の正当性や原子爆弾そのものの必要性についてのアンケート結果が提示され、国の立場や教育の違いによって原爆や戦争に対する認識が異なるということに生徒は大変驚いていました。生徒は熱心に話に聞き入り、核兵器や戦争のない平和な世界を作るためには、被爆都市長崎から原爆の恐ろしさを世界にもっと発信していかなければならないという気持ちをより一層強くすることができたようです。
また11時2分には参加生徒及び教職員で黙祷を行いました。




【体育祭練習中】
9月2日に平成30年度北高祭第55回体育祭が開催されます。連日の猛暑のなか生徒たちはプロムナード、コッコデショ、北高ソーラン、つがの木応援団、仮装パフォーマンスなどの集団演技練習に取り組んでいます。8月21日から本格的な練習が始まり、短い準備期間のなかで最高のものを創りあげるために、生徒の士気は日に日に高まってきています。本番では、北高生の熱い思いと気迫あふれる演技をご覧ください。





【水泳 全国大会】
8月16日~20日、愛知県の日本ガイシアリーナにて全国高等学校総合体育大会水泳競技が開催されました。
吉原 杏実さん(3年)が本県代表として出場し、200m個人メドレー予選14位でB決勝進出し、結果は7位でした。また400m個人メドレーは20位でした。
来月の9月14日~17日に開催される国民体育大会(福井県)にも出場します。



【努力と結果と・・・】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高生は北高生活の中で、努力できる心と体をつくっています。



【3年生(53回生)学習合宿】
8月3日(金)から9日(木)、島原市において、6泊7日の学習合宿を実施しました。受験に向け、一日10時間半という長時間におよぶ学習でしたが、同級生が隣で頑張る姿に励まされ、一人ひとり集中して取り組むことができました。また、質問も積極的に行い、着実に理解を進めていくことができました。「受験は団体戦」ということをあらためて実感した生徒も多かったようです。普段の学校生活に戻っても、この合宿で身につけた学習態度を継続させ、切磋琢磨、激励しあいながら、邁進していきます。




【1年生(55回生)学習合宿】
8月4日(土)から8日(水)まで島原市で学習合宿を実施しました。合宿をとおして長時間集中的に継続する力、積極的に質問する習慣を身につけ、不得意科目・弱点教科の克服など時間を要する分野を学習することができました。55回生はこの合宿をきっかけとして、学力の向上に努めます。




【授業終了式、レネイ先生離任式】
 7月20日(金)、授業終了式を行いました。校長先生の講話では、4月からの学校生活を振り返り、反省を今後に生かすこと、特に自分から行動を起こすことの大切さについてのお話がありました。
 また、ALTのレネイ先生の離任式も行いました。挨拶の中でレネイ先生は、「皆さんに感謝している。北高生には広い視野を持ってほしい」と話されました。最後に生徒代表から花束が贈られました。




【生徒会役員任命式】
7月20日(金)、1学期終了式の前に第54期生徒会役員退任式と第55期生徒会役員任命式を行いました。54期の役員を代表して末永会長が、「みんな頑張った、生徒会の仲間達に拍手を送りたい。」と旧役員をねぎらった後、55期の役員が学校長より任命されました。新生徒会長の西俊紀くんは、「みんな、生徒会への意識を変えよう。これからは一人一人が生徒会会員としての自覚を持ち、北高をさらにいい学校にしていこう。」と就任のあいさつを述べました。


【全国大会壮行式】
7月19日にこの夏に全国大会に出場する生徒の壮行式を行いました。全国大会に出場する射撃部・水泳部・放送部・競技かるた部の各選手に校長先生と生徒会長より激励した後、全員で第一応援歌と校歌を斉唱して選手を鼓舞しました。射撃部代表の森舶くんは、「長崎北高の名を全国に轟かせたい」と抱負を述べました。

【第1回校内大会】
7月18・19日に今年度第1回の校内大会が行われました。特に3年生は高校生活最後の大会とあって、夏の日差しの中で熱戦が繰り広げました。結果は以下の通りです。

バレーボール男子  1位 2-2A  2位 2-5  3位 3-8 2-6
バレーボール女子  1位 2-3B  2位 2-4  3位 2-5 1-7
 ソフトボール男子  1位 3-7   2位 3-3  3位 3-4 2-5
 ドッジボール女子  1位 2-1  2位 2-2 3位 2-3 1-5



【小江原愛宕神社の清掃に協力しました】
7月22日(日)、本校サッカー部が、小江原愛宕神社の夏祭りに向けた清掃を行いました。地元の自治会から依頼を受けて、毎年夏秋の年2回協力をしているものです。9時頃から2時間程、参道の落ち葉掃きや枯れ木の撤去に汗を流しました。10月にはオーケストラ部が秋祭りに向けた清掃を行う予定です。




【脳を使いこなす】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
北高生はこの夏、自らが設定した課題に挑戦することで、努力の仕方を身につけていきます。



【第1回団別集会】
7月19日(木)に第1回団別集会が開催されました。この集会は9月2日(日)に開催される北高祭(体育祭)に向けて、赤・青・黄、3つの団の結団式として位置づけられるもので、団長の決意表明のあと、スローガンを決めたり、行進の隊形を確認したりするなど、各団がそれぞれの個性(カラー)を生かした活動をしていました。この日は終日、球技大会がありましたが、疲れを一切感じさせない取り組みでした。生徒にとって、体育祭に向けて、勢いをつける一日になったと思います。今後の各団の動向を始め、体育祭から目が離せません。



【水泳 九州大会】
7月14日~16日の3日間、熊本市で全九州高等学校水泳大会が開催されました。吉原 杏実さん(3年)が、200m個人メドレー3位、400m個人メドレー4位となり、ともにインターハイ標準記録を突破しました。8月17日~20日の全国大会(愛知県)に出場します。9月14日~17日の国民体育大会(福井県)にも出場する予定です。
また、全国大会出場には至りませんでしたが、本校チームが4×200mリレーで長崎県新記録・長崎県高等学校新記録を樹立しました。



【人権学習・教育相談講演会】
7月17日(火)、本校体育館において、人権学習・教育相談講演会を行いました。
長崎大学大学院教育学研究科准教授 内野成美 先生を講師としてお招きし、「心をしなやかに ~自己理解・自己受容からはじめる心理学~」という演題で、講演をしていただきました。講演では、グループ活動も取り入れながら、自己理解やプラス思考の考え方など丁寧に、お話してくださいました。



【保育園・幼稚園訪問実習】
本校では1学年家庭科の授業の一環で、乳幼児との交流を通して子供の福祉のあり方や自己の将来について考えさせることなどを目的として、保育園・幼稚園訪問実習を行っています。今年も、小江原保育園と第二ひかり幼稚園を訪問して、保育士や幼稚園教諭の指導のもと、生徒の手作り玩具を用いて園庭や教室で園児との交流を行いました。
(生徒の感想)
・実習を通して、子どもの世話の大変さや楽しさがよく分かりました。
・自分たちの作ったおもちゃで楽しそうに遊んでくれてうれしかったです。
・自分にもそういう時代があったと考えると不思議に思った。また戻ってみたいと思いました。



【困難をチャンスととらえる】
 語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。”経験”についての、トーマス・カーライルと外山滋比古の言葉を引用し、苦しい経験をすることで人は成長できることを訴えています。北高生は、”両道顕揚”で人間力を身につけていきます。


【全国総文祭結団式】

7月8日(土)15:00長崎駅かもめ広場において、「第42回全国高等学校総合文化祭結団式」が行われ、8月7日から長野県で開催される全国総文祭に出場する各校代表が和太鼓や弁論、マーチングなどを披露しました。
本校の草野校長が、県高文連会長として挨拶と高文連旗の授与を行い、放送部門で出場する二里里央奈さんが朗読を披露しました。また、設営や運営などに本校の放送部とオーケストラ部が協力をしました。全国総文祭には本校から競技かるた部も出場します。




【野球部壮行式】
 6月29日(金)、期末考査終了後に第100回全国高等学校野球選手権長崎県大会に向けての壮行式が行われました。「ああ、栄冠は君に輝く」の行進曲に乗って選手が入場した後、校長先生と生徒会長からの激励を受け、有田主将が「悔いのないよう、全力を出し切って戦う」と、力強く決意の言葉を述べました。最後にラグビー部有志によるエールの後、全校生徒で第一応援歌と校歌を歌って激励をしました。
 本校野球部は7月8日(日)に佐世保市総合グラウンド野球場で14:30より佐世保南高校と初戦を戦います。


組合せ

【「生き方」について考える】
語らい広場の掲示板の内容が変わりました。
期末考査を終え7月に入り、北高生は新たなステージへ歩みを進めています。
両道顕揚の校是の下、北高生はそれぞれの生き方を模索し、追求します。

【オーケストラ部定期演奏会】
6月18日(日)、本校オーケストラ部が長崎ブリックホール大ホールにおいて、第30回定期演奏会を開催しました。
3部構成でクラッシックから映画音楽、ポピュラーソングにいたるまで全10曲を演奏しました。とくに第3部は、第20回定期演奏会以来の伝統である交響曲全楽章演奏です。今年はチャイコフスキーの交響曲第5番を演奏し、県内高校で唯一のフルオーケストラとして圧巻の演奏を披露しました。
 進行を放送部が務め、「西郷どんのテーマ」にはコーラス部が参加しました。また、ロビーでは写真部と美術部が作品の展示を行いました。
 おいでくださった皆様、ご来場ありがとうございました。




【第1回オープンスクール開催】
 6月23日(土)、第1回オープンスクールを開催しました。中学校36校から生徒・保護者合わせて約600名に参加していただきました。
 「学校紹介ビデオ」、入試制度の説明の後、中学生は「班別説明会」から「体験授業」に、保護者は「進路説明会」から「班別説明会」に参加していただきました。
 「班別説明会」では本校2年生が中心となり、北高生活についての話や高校受験に向けてのアドバイス等を行いました。



【人生の豊かさ】
 語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
 本校では今週火曜日から1学期期末考査を行っています。
 テストへの取組は、自らの将来を切り開く力や思考のレベルを高め、豊かな精神世界を自らの内側に形成することにつながることを訴えています。
 北高生は考える試験勉強に取り組みます。



【数学科の研究発表】
6月22日(金)、長崎県高等学校・特別支援学校教育研究会数学部会総会並びに研究会が、「思考と発想の基礎を鍛え、考え抜き、生き抜く力を育む数学教育」を研究主題として島原高校で開催されました。
 この大会において、本校数学科の木田成一教諭他2名が行った「大学入試共通テストに向けた作問の取り組みについて」と題した研究を、木田教諭が発表しました。
 本研究では、2020年度から大学入学共通テストが実施されることを踏まえて、「思考力・判断力・表現力」を重視した作問を行い、それらを出題した結果を分析しています。
県教育委員会からは「新しい取組であり、非常に評価できる」という講評をいただきました。



【生徒会役員選挙】
 6月19日(火)に第55期生徒会役員選挙が行われました。副会長は定員2名に対して2名が立候補し、信任投票となりましたが、会長は定員1名に対して2名が立候補し、熱い論戦の後、1名が選出されました。新会長は「北高をより輝ける学校に」と抱負を述べました。この後、選出された会長・副会長を中心に、書記・会計等の執行部が組織され、7月の任命を受けて、新生徒会が動き出します。
 また、一昨年より選挙年齢が18歳に引き下げられたことを受け、3年生は長崎市選挙管理委員会より借用した実際の投票箱や記入ブースを使って投票をしました。

【開校記念日】
 本日6月25日は本校の創立記念日です。1964年6月25日に開校記念式典が挙行されています。
開校記念日を迎えるにあたり、生徒会長の末永葵衣さんが全校生徒にメッセージを発信し、伝統を受け継ぐとともに、新たな伝統を作ることを訴えました。

こんにちは。私は長崎北高第54代生徒会長の 末永 葵衣 です。
来週月曜日の、6月25日は、私たち長崎北高の55回目の開校記念日です。
長崎北高は、東京オリンピックが開催された昭和39年(1964年)4月、ここ鏡が丘に開校しました。
この地はもともと畑や田んぼでしたので、草創期の先輩方の苦労は並大抵のものではなかったと聞きます。第1回入学式はグラウンドで行われたそうです。また、生徒・職員総出のグラウンドの石拾いもたびたびあったということです。
以来55年、私たちの先輩方は、様々な分野で、県下に誇れる実績をあげてこられました。そして、私たちは今、伝統ある北高の一員として、誇りと自信をもって、勉学や部活動に励んでいます。
来週の開校記念日を迎えるにあたり、先輩方が築き挙げてこられた歴史に思いを馳せ、「両道顕揚」の精神を受け継いでいきましょう。また、あいさつや毎日の掃除、授業など時間やルールを守り、「普段の生活」にきちんと取り組む中で人間力を磨いていきながら、長崎北高の新たな伝統を作っていくため決意を新たにしたいと思います。
みんなの力で、すばらしい北高を創っていきましょう。
ご静聴、ありがとうございました。


【大会結果】
◇九州高等学校射撃競技選手権大会(6月14日~17日)
(団体)エアライフル 男子4位、女子3位、ミックス6位
    ビームライフル 男子2位、女子2位、ミックス3位

(個人)エアライフル男子 田島(3年)6位
    ビームライフル男子 毎田(2年)4位、森(2年)5位
           女子 池田(3年)3位、野口(3年)4位、小林(3年)8位
    ビームピストル男子 坂本(3年)6位
           女子 宮上(3年)1位、久保(3年)3位

射撃部は今後、8月に広島市で開催される全国大会に向けて練習を重ねてまいります。

◇NHK杯高校放送コンテスト長崎県大会(6月16日)
 朗読部門 二里(2年)優秀賞  
ラジオドキュメント部門 「逆転デート」優良賞
 
なお、二里さんは7月に東京で開催されるNHK杯全国高校放送コンテストに出場することが決まりました。


競技かるた“部” スタート】
平成24年に発足した競技カルタ同好会が、生徒総会等の審議を経て、競技かるた部として、初代部長木場 夕紀音さん(3年)のもと新しくスタートしました。現在12名の部員で、月曜から金曜の放課後、青志寮で活動を行っています。


なお、競技かるた部は、8月に長野市で行われる全国高総文祭 小倉百人一首かるた部門に、木場 夕紀音さん(3年)、古賀 涼夏さん(3年)の2名が長崎県代表として出場することが決まっています。

【動き始める】
語らい広場の掲示板の内容が新しくなりました。
モンテーニュの言葉を引きながら、計画を立てることは最終目標ではないこと、計画を実行してみて初めてわかることがあることを述べ、まずはとにかく動き出すことを促しています。
両道顕揚を実行する北高生を目指します。



【高総体報告会】

6月12日火曜日、高総体の報告会が行われました。県高総体に出場した各部の主将が、試合の内容や結果を報告してくれました。射撃部男女と水泳部女子が獲得した優勝旗3本をはじめ、すべての部活動が自分たちの持てる力を発揮し、活躍してきた姿が目に浮かぶ報告会でした。上位大会に出場する部の、さらなる活躍に期待します。



【点滴石を穿(うが)つ】
高総体を終え、語らい広場の掲示板の内容が変わりました。
北高生の高総体での健闘を称え、次の目標に向けてコツコツの精神を持ち続けることを呼びかけています。


【優勝旗 3本獲得】
6月1日(金)~8日(金)、県高校総体が開催されました。
1日の開会式では、旗手の 越智 啓 男子バレーボール部主将、団長の 鶴田 和光 教頭に続き、前年度の2本の優勝旗を携えて92名の選手団が堂々の入場行進を行いました。

各部とも熱戦を繰り広げた結果、射撃部男女がともに総合優勝(いずれも2年連続18回目)、水泳部女子が総合優勝(初優勝)を果たし、3本の優勝旗を獲得することができました。
期間中の熱いご声援、ありがとうございました。

高総体の結果はこちらへ



【進路講演会】


6月7日(木)、本校体育館において、第2・3学年を対象に進路講演会を行いました。
北九州予備校の大山純治氏を講師としてお招きし、「高校生の今だからこそ知っておいてほしいこと」
という演題で、講演をしていただきました。講演では、以下の内容について、身近な題材をもとに具体的かつ丁寧に、ユーモアを交えてお話してくださいました。
「高い学費を払うだけの価値のある大学を見極め、まずはじめに志望校を決めることが大事」
「模試の判定はあくまでも確率にすぎない大事なのは入試問題がとけること。だから、まず志望校の過去問1年分に目を通してみましょう」
「自分ができていない分野を重点的に繰り返しすることで合格が近づく」
「学校での学習を中心に据えて、集中して自学自習に励もう」
高総体が終わり、学習へと切り替える時期の生徒にとって、たいへん身が引き締まる講演会になりました。教職員一丸となって進路実現に邁進してまいります。

【高総体壮行式】
5月29日(火)、本校体育館において、県高総体壮行式を行いました。
選手団310名の堂々とした入場行進の後、草野校長より旗手の男子
バレーボール部主将 越智 啓さんに団旗が授与されました。
その後、草野校長、末永生徒会長からの激励の言葉が続き、女子バ
レーボール部主将 山崎 瑠里香さんが選手宣誓を行いました。
 
宣誓
  私たちは、今日までコツコツと努力を重ねてきました。県高総体では、
練習の成果を十二分に発揮し、今まで支えてくれたたくさんの方々の思い
に応えるためにも、試合終了の瞬間まで全力でプレーすることを誓います。
そして、北高史上最高の結果を残してきます。
平成30年5月29日
選手代表 女子バレーボール部主将 山崎瑠里香

各部代表が決意表明を行った後、野球部有志による指揮のもと、本校第
一応援歌、校歌を斉唱し、選手団を激励しました。
 選手、応援、それぞれの立場で全力を尽くし、県下に北高旋風を巻き起
こしてまいります。北高生への熱い声援をお願いします。

【地区別説明会】
5月14日(月)~16日(水)に来年度の入試に向け、中学生の保護者を対象
にした「地区別説明会」を開催しまし、8地区で約450名の方々に参加いただ
きました。会では学校からの説明ほか、卒業生の保護者にも体験談や北高へ
の思いなどを話していただきました。これからも、保護者・地域の期待に応える
学校づくりを進めてまります。



【オーケストラ部 連合音楽会】
5月27日(日)、諫早文化会館において第62回長崎県高等学校連合音楽会
(平成30年度長崎県高等学校総合文化祭 器楽・管弦楽部門)が開催され
ました。これには本校オーケストラ部53名が出場し、顧問の原裕一先生の
指揮のもと、「『交響曲第2番ホ短調 作品27』より第Ⅲ楽章」(S.ラフマニノ
フ作曲)と、「NHK大河ドラマ『西郷どん』メインテーマ」(富貴晴美作曲)を演
奏しました。ラフマニノフのこの楽章は数ある交響曲の中で最も美しい楽章と
言われています。部員たちは目を輝かせ、一体となって演奏し、そのスケー
ルの大きな音楽は観客を魅了していました。『西郷どん』のテーマもテレビか
らではなく生で聴くと、躍動感にあふれ、一層迫力のある音楽に感じました。


本校オーケストラ部は、6月17日(日)に長崎ブリックホールにおいて第30回定
期演奏会を開催します。13時半開場、14時開演です。皆様のお越しを心よりお
待ちしております。


【燃えよ、輝け、北高生!】
本校では、語らい広場(正面玄関前ロータリー)前に設置している掲示板に、
校是「両道顕揚」と共に、生徒に向けたメッセージなどを掲示しています。
これは、先人や現在も活躍している人たちの言葉を紹介することで、北高生
の意識高揚を図ることを主たる目的としたもので、研修・図書部が担当してい
ます。今回は、県高総体を目前に控え、選手の奮起を促す内容です。




【茶道部】
5月19日(土)ハウステンボスで恒例の「ハイスクール茶会」が開催され
ました。150名の方がお客として来てくださり、部員たちは緊張した面持
ちながらも一生懸命お手前を披露しました。



【水泳女子 総合優勝】
5月20日(日)に開催された、平成30年度第49回長崎市春季水泳大会において、
本校水泳部女子が、団体総合優勝を果たしました。

団体 女子 総合優勝

個人 女子 優勝 4×50mリレー
         100m自由形 藤(2年)
         200m自由形 藤(2年)
         100mバタフライ(大会新) 吉原(3年)
         200m個人メドレー(大会新) 吉原(3年)
         50mバタフライ 山口(2年)
      2位 4×50mメドレーリレー
         200m個人メドレー 杉永(2年)
         400m自由形 杉永(2年)
      3位 50mバタフライ 馬場(2年)
         50m平泳ぎ 川浪(2年)
         50m背泳ぎ 内田(1年)
   男子 優勝 200m自由形 井手(3年)
      2位 400m自由型 井手(3年)
      3位 50mバタフライ 荒木(3年)

6月の県高校総体に向けて、ますます頑張ってまいります。

【生徒総会】

5月15日(火)、生徒総会が行われました。今年度の予算審議や各種委員会の
活動目標発表の後、「学校生活を良くするために」と題して、生徒からの要望事
項に対する回答が発表されました。今年度は議題の中に競技かるた同好会の
部への昇格申請もあるなど、いろいろな議論が行われました。
 次に、バスマナーやスマホの利用ルール、北高制服マナーが委員会から提案
されました。そして最後に「長崎北高いじめ撲滅宣言」が生徒会長によって読み
上げられました。

 長崎北高いじめ撲滅宣言

一、一人ひとりの個性を認め合い、大切にします。
一、相手を気遣うやさしさを持ち、自分の言葉に責任を持ちます。
一、自分を理解してくれる人を大切にして、お互いを尊重します。
  私たちは、以上のことを実行することを誓います。
          平成30年5月15日 長崎県立長崎北高等学校 生徒一同



【PTA総会】
5月12日(土)
PTA総会を開催しました。昨年を超える参加者があり、全体会のあと、大学
入試説明会などの学年PTA、クラス懇談会を行いました。御出席いただき
ました保護者の皆様、ありがとうございました。




【さわやか挨拶運動】
平成30年度「長崎っ子の心を見つめる教育週間」の取り組みの一環として、
4月25日(水)~4月27日(水)にかけて、生活委員会による朝のさわやか挨
拶運動が実施されました。生活委員の明るくさわやかな挨拶により、朝から
大きな声でも挨拶をする姿が多く見られました。
また、5月7日(月)~5月14日(月)にかけて、教職員による挨拶運動を実施
しました。




【宮上わかばさん(射撃部3年) 全国優勝!】
 4月28・29日に岐阜市で開かれた、第18回全日本ジュニアビームライフル射撃競
技大会のビームピストル女子の種目で、宮上わかばさんが見事に優勝を果たしまし
た。予選は6位通過でしたが、得意のファイナルで上位に進出し、最後の1発で暫定
首位の選手を逆転し、優勝を勝ち取りました。この大会は参加人数が多く、全国の強
豪が集まるレベルの高い大会ということで、価値ある優勝といえるでしょう。
 今後の活躍に期待しましょう。


【新入生宿泊研修】
 4月11日(水)から13日(金)にかけて島原で新入生宿泊研修がおこなわれました。
集団行動と学習と厳しい研修になりましたが、 自分を向上させて北高生になろうと
頑張る姿は今後の成長を期待させるものでした。




【平成30年度 新任式、始業式、入学式】
4月9日(月)

新任式
鶴田教頭先生をはじめ11名の先生方をお迎えしました。



始業式 校長講話
物によい香りが染みつくように、学業でも部活動でもクラスでも
互いによい影響を与え合うように努めようという講話がありました。


第55回生入学式

新入生代表から宣誓がありました。