長崎県立盲学校の校章です。 長崎県立盲学校 アクセス 盲学校の住所、地図はこちらからどうぞ
 お問い合わせはこちらからどうぞ
   
   盲学校を 知りたい方 見えにくさでお困りの方  入学希望の方  在校生・ 保護者の方
 学校運営
 各部・寄宿舎
 学校沿革
 特色ある教育活動
 PTA活動
 教育相談
中学部  
  教育目標「心身の発達に応じて、豊かな心と健やかな体を持ち、自ら考え、行動する生徒を育てる」を掲げ、中学校に準ずる学習を行っています。
視覚障害とそれ以外の障害がある生徒に対しても、個々の能力や特性に応じた指導を行っています。
(1) 個に応じた学習を充実させ、学力の向上や自立に向けて学習に取り組んでいます。
 盲学校では、触ったり聞き取ったりして理解を深める学習機器がたくさんあります。視覚障害に対応した機器を活用し体験しながら、学力向上を図っています。

<中3 理科>
電流の大きさを読み上げる「音声付電流計」を使って実験を行っています。
(2) 将来の姿を見据えながら進路学習を行っています。中学部では、実態に応じて職場体験学習を行っています。
      
近隣のお店や保育園などで2日間「働く」体験をします。また、体験先にお願いの電話を入れたり、通勤するための路線バスの乗車の仕方なども学習したりして貴重な体験になっています。 
(3) 体育や総合的な学習の時間などで合同学習を行っています。 
月1回程度、学部集会を行っています。生徒会からのお知らせや1分間スピーチなどを行っています。
 
 (4)社会性を育てるために、交流および共同学習や体験学習を積極的に推進して、集団学習の機会を設けています。
時津中学校との交流学習。アイマスクをしてキャッチボール。うまく相手に投げられるかな?
 もっと詳しく知りたい方は  気になることは、お気軽にご相談ください。
医療機関で「あまり見えていない」「見えていない」「見えにくいのでは」と言われたお子さん 一度、見学にこられませんか?
 随時、教育相談も行っています。
         
学校公開9月に実施します。詳しくはこちらから
 
  キャラクタ『ルーメン』が手を振っているイラストです。   
このwebページ内コンテンツの著作権は、長崎県立盲学校に帰属します。
作成・発行  長崎県立盲学校