長崎県立盲学校の校章です。 長崎県立盲学校 アクセス 盲学校の住所、地図はこちらからどうぞ
 お問い合わせはこちらからどうぞ
 
   盲学校を 知りたい方 見えにくさでお困りの方  入学希望の方  在校生・ 保護者の方
 
 学校運営
 各部・寄宿舎
 学校沿革
 特色ある教育活動
 PTA活動
 教育相談
情報機器の活用 
 見えない、見えにくい人にとって、通常文字を読み、情報を入手するのは大変です。その大変さを軽減してくれるものが「情報機器」です。
 近年、パソコンの画面情報を音声化するアプリケーションソフトの進歩や、見やすい大きさの画面表示のディスプレイなど、さまざまな種類のアプリケーションソフトや機器が活用しやすくなってきました。
 日に日に進歩していく情報機器を活用できるようになるためには、操作法と活用法を学んでいく必要があります。
本校で学習している情報機器とアプリケーションソフトの一部を紹介します。
パソコン本体、ディスプレイ、キーボード、マウスのイラストです。  本校で使われる情報機器は、一般的に使われているパソコンに必要なアプリケーションソフトを組み込んで使用しています。
パソコン本体、ディスプレイ、キーボードに、点字使用者は点字ディスプレイを使用します。 
見えにくい人はディスプレイを見やすい位置や大きさに調節して使用しています。
便利なアプリケーションソフト

 見えにくい、見えない人にとって、文字を読み上げる「音声化」が必要になります。
現在、さまざまなアプリケーションソフトが開発され、年々機能が向上してきています。
 画面の情報を読み上げてくれる(音声化する)
  • スクリーンリーダー
PC-Talker(ピーシー・トーカー)
 Windows の画面情報を読み上げてくれるだけでなく、インターネット・エクスプローラやWord、Excelにも対応している。
 通常文字を入力し文書を作成できる 
  • ワープロソフト
 My WordPRO(マイワードプロ)

 視覚障害者専用の操作が容易。
 点字で文書を作成できる
  • 点字文書作成用ワープロソフト
ブレイルスター for Windows
 視覚障害者用に開発された。

 Win-BES(ウインベス)99
 点訳ボランティア向けに開発されたフリーソフト。音声化が不十分であったり、点字印刷ができないなど問題がある。

 ★ 点字印刷するには、特別な「点字プリンタ」が必要です。
 点を使って図を作成できる
  • 点図作成ソフト
 エーデル
 図や表をつくるときに使われる。印刷するときは特別なプリンターを使用する必要がある。
 インターネットを音声化して閲覧できる
  • ブラウザ
 ネットリーダー
 インターネットエクスプローラより音声やキーボード操作が容易。

 My News(マイニュース)
 より簡単な操作で、ニュース記事が読める。
 メールをやり取りできる
  • メーラー
 MyMail(マイメール)
 視覚障害者が使いやすく、音声や画面拡大に対応している。
 分からない用語を調べることができる
  • 辞書ソフト
 声の国語辞典、声の英和・和英辞典
 音声や画面拡大に対応。

 My Dic(マイディック)
 視覚障害者用に開発。一般のCD辞書やインターネット上の辞書サイトも活用できる。
 紙に印字された通常文字を音声で読み上げられるよう変換する
  • 文字読み取りソフト
 My Read(マイリーダー)
 視覚障害者用に開発。初心者でも操作が容易。

WinReaderPRO(ウインリーダープロ
 変換精度が高く、音声環境下でも利用が可能。
 丹田がタブレットを持っている後姿のイラストです。  
本校で用いている便利な機器
  • タブレット
 小型で持ち運びのできるタブレットは、設定を変更することができ便利に利用できます。またアプリケーションソフトが次々と開発され、音声対応しているものや見えにくさを補うためものなど便利なものをダウンロードして使用しています。

 画面表示を使いやすいように変更できる
  • アクセシビリティ
 画面を読み上げてくれる「Voice Over」や拡大表示してくれる「ズーム機能」や「拡大鏡」、操作を音声でサポートしてくれる「Siri」などがあります。
 図書を読むことができる
  • DAISY(デイジー)図書
 視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人のために作られています。通常図書をボランティアグループや点字図書館などがデータ化し、パソコンや専門機器を使って、図書を読むことができます。
 目次から任意のページに飛んで読むことができたり、点字図書に比べると大変軽量化できます。
 拡大して表示してくれる
  • 拡大表示ソフト
 タブレット画面を通じて、拡大したり、明るさを調節したり見やすくできます。文字や図を拡大するだけでなく、白黒反転したりその人の見え方によって変化させることで、実生活の表示や実験などにも活用できます。
 例:「明るく大きく」
 色を教えてくれる
  • 色識別ソフト
 タブレット画面を通じて、画面に映った物の色を教えてくれます。色の区別が難しい場合など、色の組み合わせや差異を確認できます。実験などに活用しています。
 例:「COLOR SAY(カラーセイ)」
 ★ そのほか、データのやり取りやカメラアプリ、教科学習アプリなどを使って、さまざまな学習活動に活用するため、操作法を学びます。
 
  • 点字プリンタ
点字を使用する人向けの文書を作成し、印刷します。
 
 
  • 点字ディスプレイ
画面の文字情報を点字で読む装置です。 点字使用者にとっては、音声だけ使用するよりスムーズに操作できるようになります。
 
 パソコンなどの情報機器は視覚障害者の目やペンの代わりをしてくれる大変便利なものです。活用できることで、学習環境や社会生活が大幅に改善します。社会参加のための必要なスキルとして、本校では小学部から高等部まで一貫した教育を行っています。
 キャラクタ『ルーメン』が手を振っているイラストです。  ページトップへ

 このwebページ内コンテンツの著作権は、長崎県立盲学校に帰属します。
作成・発行  長崎県立盲学校