長崎県立大崎高等学校
857-2421 長崎県西海市大島町3468-1
TEL 0959-34-2301 FAX 0959-34-2329
 ホーム・新着  ごあいさつ  学校紹介  進路状況  行事予定  中高一貫  学校評価  広報  アクセス  リンク

いじめ防止
基本方針








いじめ防止基本方針   (平成26年4月4日)

■1 基本的な考え方
 いじめは「どの学校にも起こりうる」「人間として絶対に許されない行為である」という認識をすべての教職員が持ち、豊かな心と他を思いやる気持ちを醸成する指導を心がける。そのために日頃から「正義感」や「公正」の意識を育むとともに、他人に対する「思いやりの心」や「命の大切さ」について自ら考え行動できる生徒の育成といじめを許さない集団づくりに努める。
 さらに、学校、家庭、地域社会が一体となり、互いに連携を図りながら、すべての関係者がそれぞれの役割を果たすことで、生徒自らいじめ根絶に取り組む意識の高揚と実践を図る。


■2 いじめ対策委員会
 いじめ対策委員会は、いじめ防止・いじめの早期発見に関する対策・計画の立案及びいじめが発生した場合の調査・対応について協議する。


■3 いじめ防止対策の内容
いじめの未然防止 いじめの早期発見 いじめに対する措置
ア 教職員の取組
□校内指導体制の確立と指導力の向上
□人権意識、生命尊重の態度と道徳的実践力の育成
□子供の自己肯定感や自己有用感の育成
□学校基本方針の周知と学校評価の活用

イ 生徒の取組
□いじめを許さない態度
□いじめ問題を自ら考え、自主的に解決する集団づくり
□他者の尊重と感謝の気持ち

ウ 保護者の取組
□いじめ防止に対する基本方針の理解と意識の向上
□学校との連携と家庭の役割
ア 教職員の取組
□教育相談体制の充実
□地域や家庭との連携の促進
□定期的ないじめ実態調査アンケートの実施
□日常的観察及び情報の収集と共有
□カウンセリングマインドの向上
□チェックリストの活用

イ 生徒の取組
□早期の相談
□周囲の生徒の連絡・相談

ウ 保護者の取組
□積極的な関係機関の活用
□学校との連携と情報提供

ア 教職員の取組
□事実関係の正確な収集及び安全確保等の速やかな対応
□支援体制の確立と情報共有による組織的な対応
□当事者及び周囲の生徒に対する継続的な対応

イ 生徒の取組
□正確な情報の提供
□傍観者から仲裁者への転換
□当事者としての理解

ウ 保護者の取組
□正確な事実関係の把握と適切な対応
□学校との連携と情報共有
□子供の状況把握と情報提供
□子供への支援



■4 その他
○ネット上の誹謗・中傷等のいじめに関しては、日頃から情報モラル指導の徹底を図り未然防止に努めるとともに、発見した場合はその特殊性から警察等の関係機関と協力して迅速な対応にあたる。
○生命の危険等が危惧される重大事案については、県の基本方針に従い教育委員会や警察へ報告し、その支援のもと速やかに適切かつ誠実に対応にあたる。



いじめ防止対策の具体的取組

■(1)いじめの未然防止
ア 教職員の取り組み
○ 全職員がいじめの重大性を認識し、学級経営や生徒指導等では共通認識を持ち、一致協力して指導に当たる。
○ 人権集会や学校行事等を通して生命や人権を尊重する態度を育成する。
○ 「いじめ対策ハンドブック」等を活用して教職員の資質向上に努める。

イ 生徒の取り組み
○ 教育活動全般を通して、いじめが決して許されない行為であることを認識する。
○ 規範意識を持ち、規律ある生活を実践する。
○ 中高合同行事や人権集会等により、他者を思いやる気持ちと生命尊重の態度を育成し、いじめ問題を自らのこととして捉え、解決できる集団づくりを行う。

ウ 保護者の取り組み
○ PTA総会、保護者面談等を通して、いじめ防止基本方針と家庭の役割を理解する。
○ 研修会やHP等を通して学校に関心を持ち、情報共有等により学校との連携を密にする。

■(2)いじめの早期発見
ア 教職員の取り組み
○ 日常の生徒への声かけ等、日ごろから相談できる環境作りを行うとともに情報共有の体制を作る。
○ 訴えてきた生徒の話を傾聴し、心身の安全と心のケア等に細心の注意を払う。
○ 子供の立場に立って物事を考え、共感的に理解しようとする態度を養う。
○ いじめの態様を理解し、日常の個人及び学級や部活動でのグループの観察、記録を行う。
○ いじめ実態調査アンケートやチェックリスト等を定期的に実施し、実態の把握に努める。
○ 保護者面談や家庭との密な連絡によるスムーズな情報提供と信頼関係の構築を心がける。

イ 生徒の取り組み
○ 担任や部顧問等の相談しやすい先生、保護者、友人への相談、電話相談等を利用する。
○ いじめを見かけたら教職員、保護者に連絡・相談する。

ウ 保護者の取り組み
○ 家庭での気になる様子があれば観察・記録し、学校へ連絡する。
○ 日ごろから子供との会話を心がけ、学校での様子等の状況を把握する。
○ 学校と家庭が情報を共有し、地域とも連携して生徒の状況を把握し対応にあたる。

■(3)いじめに対する措置
ア 教職員の取り組み
○ いじめの兆候を把握したら、周囲の生徒、関係職員等から速やかに情報を収集・記録する。
○ いじめの全体像を把握するとともに全教職員で情報を共有・共通理解を図ったうえで対応する。
○ いじめられた子供、知らせた子供の安全を確保し、心のケアや見守る体制を徹底する。
○ スクールカウンセラー等の支援により、心のケアを継続的に行う。

イ 生徒の取り組み
○ 被害生徒:事実確認とともに、心のケアと自尊感情を高める取組を行う。
○ 加害生徒:状況や背景を把握し、毅然とした対応をとるとともに疎外感、孤立感を与えない心のケアを行う。
○ 周囲の生徒:傍観はいじめを肯定する行為と認識し、自己の問題として捉える。

ウ 保護者の取り組み
○ 被害生徒保護者:事実関係及び学校の指導方針の確認、今後の対応を協議する。
○ 加害生徒保護者:事実関係及び学校の指導方針の確認、学校と連携した指導・協議を行う。

■(4)その他
○取組については、学校評価や学校評議委員会で評価し必要に応じて修正する。