■ 入学式・対面式 平成26年4月8日(火)

 新たに30名の新入生が大崎高校に入学しました。式には、佐嘉田西海市議会議長、竹口西海市副市長、池田県教育次長を始め多くの御来賓のご臨席をいただきました。
 吉川校長が入学許可に引き続き、「高校では『大海』を知る教育を行う。生徒数は少ないが、生徒一人ひとりが主役となって学校を動かす経験を積み、本物の実力を身につけ、目標に近づく楽しさを感じて欲しい」と新入生に励ましのことばを贈りました。
 これに対して、新入生代表の前田仁也君は「大崎中からの最初の入学生となり誇りに思う。何事にも積極的に挑戦し、充実した高校生活を送り、夢を実現させたい」と決意を述べました。
 入学式後、対面式が行われ、1年生と2・3年生が向き合い、1年1組の倉谷麻理愛さんは「大崎高校の生徒としての誇りを持ち、大崎高校の伝統と歴史を築いてきた先輩方に恥じることのないように、一つ一つの行動に責任を持ち、自立した高校生活を送ることができるよう心懸けていきます。」と挨拶をしました。