■思春期教室  平成26年7月7日(月)

 今年も長崎県西彼保健所地域保健課から2名の保健師及び1名の作業療法士の先生に来校いただき、1年生では「思春期のこころとからだ」、2年生では「高校生の生と性について」、3年生では「性教育(思春期教室完結編)〜これからの人生を輝かせるために〜」と題して、学年ごとに3時間の思春期教室が実施されました。
 1年生の授業では、1組保健委員の田中友希哉君、中村歩美さん、2組保健委員の山本健太君、M口萌さん、そして2組の中村奏子さんに協力してもらい、ピアプレッシャーとうつ病についての寸劇を実施しました。リハーサルも念入りに、本番ではみんなの心に残る演技をしてくれました。
 昨年までは、「男女の違い」「性感染症やエイズについて」「こころの健康」等について、学年毎に実施してきましたが、今回は「デートDV」についてもお話していただきました。「デートDV」についてはあまり知らない生徒も多く、男女がお互いに思いやる心を持つこと、自分を大切にすることは相手も大切にすることにつながること、などを学ぶことができました。