■ 第64回“社会を明るくする運動”中学・高校生弁論大会
平成26年7月23日(水)

 3年生代田瑞希さん、1年生倉谷麻理愛さんが出場しました。大島文化ホールで、中学生9名、高校生5名が競いました。
 代田さんは、「これから出会う名前も知らない貴方へ」と題し社会的弱者への暖かいまなざしの大切さを、また、倉谷さんは「春の時間」と題し、『いじめ』の愚かしさを訴えました。
 二人とも、聴衆を引き込む内容構成、声の大きさ、聞きやすさ、原稿完全暗記、適度な身振りなど練習の成果を大いに発揮しました。会場はその見事な弁論に聞き入り、大きな感動を味わいました。
 審査の結果、代田さんが見事優勝。大村市で行われる県大会への出場が決まりました。
 なお、中学生の部では、大崎中3年生の川口ひとみさん、中浦怜良さんがそれぞれ2位、3位。大崎中高生、ここでも一緒にがんばっています!!