■ 人権学習  平成27年12月10日(木)

 今年の人権教育は、『聞き上手、話し上手』というタイトルで、体験・参加型学習の形で実施しました。
 自分の思いを伝える活動と、相手の気持ちを受け止めて、それを他者へ伝える活動をとおしてコミュニケーション能力を高めることが目的でした。 生徒は楽しみながら意欲的に活動していました。
 印象的だったのは、ペアになった相手の気持ちを受け止めて、それを他の生徒へ伝える時、1人の話が終わる毎に期せずして他の生徒から好意的な拍手が沸き起こっていたことでした。
 大崎高校の生徒は心優しく、逆にどこかで心が傷けられるのではないかと心配します。 ですが、たとえそんなことがあっても、たくましく社会の荒波を乗り切る力に変えて欲しいと願っています。