ヘッダーイメージ
経営方針

校訓

教育方針

 高い志を持ち、知・徳・体のバランスのとれた、地域社会及び国際社会の一員としての自覚と感性を備えた人材を育成する。


教育目標
 
(1)
知育、徳育、体育の三育を推進し、心身ともに健全な生徒を
育成する
(2) 夢・憧れ・志を抱き、真摯に学業に取り組む生徒を育成する。
(3) 何事にも「凡事徹底」の精神で取り組み、不断の努力を惜し
まない生徒を育成する。
(4)  責任感、公共心、道徳心、思いやりの心など、豊かな人間性を
備えた生徒を育成する。

本年度の努力目標

(1)学習指導要領に基づいた学習指導と生徒の志望を叶える進路指導の実現

 ①  「進学重視型単位制高校」の特色を活かし、社会の変化に即応した教育課程を編制し、学 習指導の充実・発展を図る。
 ②  「主体的・対話的で深い学び」につながるような授業を展開し、生徒が自主的な学びに向かうような姿勢を育成するとともに、家庭学習の充実を図る。
 ③  平素から授業改善に取り組み、知識及び理解など基礎基本の徹底を図るとともに、思考力・判断力・表現力等を育成する。
 ④  生徒を誰一人取り残さないために、個々の生徒の実態に即した個別最適な指導に留意し、その充実を図る。
 ⑤  個別指導の充実に並行して、さまざまな学びの場において、協働的な活動を積極的に取り入れ、個別の学びと一体化した指導を構築する。
 ⑥  各学年それぞれ1年間、また3年間を見通した進路指導の充実を図り、生徒の進路選択並びに進路実現の意識を高める。



(2)一人一台端末配備に向けた指導体制の確立

 ①  生徒への一人一台端末配備に向け、ハード・ソフト・指導体制について準備を適切にかつ早期に行う。
 ②  先進的な取り組みを参考にし、各教科の授業におけるコンテンツ開発を積極的に行う。
 ③  一人一台端末配備に伴う運用に係るルール作りを早期に行う。

 

(3)生徒の人権に配慮した生徒指導及び教育相談並びに本校の実態に即した特別活動等の推進

 ①  基本的な生活習慣を身につけさせ、教育活動全般を通して、社会性を育成する。
 ②  支援や配慮が必要な生徒には丁寧かつ柔軟に対応し、全教職員間で情報共有を図るとともに、関係機関等と速やかに連携しながら、支援・指導にあたる。
 ③  学級活動、生徒会活動、ボランティア活動、清掃活動、学校行事などを通して自主性、積極 性、協調性を養い、規範意識や公共心、道徳心を育てる。
 ④  学校行事・講演会等を通して、高校生としての在り方及び将来の生き方について考えさせる。
 ⑤  すべての教育活動において計画的な人権教育を実施し、人権尊重の精神を養う。

  

(4)健康・安全教育の推進

 ①  新型コロナ感染防止対策に全力を傾け、危機意識をもって感染防止に努めるとともに、状況の変化に応じ、迅速に一致協力して対応する。
 ②  適切な健康教育と保健管理を行い、生徒及び教職員の健康の維持・増進を図る。
 ③  担任・副担任・学年等は家庭と連携を密に行い、生徒の心身の健康増進を図る。
 ④  安全教育を推進し、安全意識と生命尊重の精神を育てる。
 ⑤  全教職員は各自の勤務状況を適切に管理し、超勤80時間オーバー0を目指す。
 ⑥  超過勤務削減のため、適切な職務分担等を行い、協力して教育活動を推進する。


(5)保護者・中学校・地域社会との連携

 ①  学校HP・学校だより、保護者へのメール配信などで学校の最新情報を保護者や地域に発信し、本校への理解と協力を得る。
 ②  担任や部活動顧問等は保護者への連絡を密に行い、学校と家庭との連携の強化を図る。
 ③  学校説明会やオープンスクール等の改善を行い、生徒募集を図る。
 ④  「ふるさと創生大作戦」等の総合的な探究の時間を通して、郷土を理解し、ふるさとを愛する心の醸成を図る。
  

(6)学習環境の整備と環境保全の推進

 ①  毎日の清掃活動を確実に行い、自分たちの学習環境を常に美しく保つ。
 ②  職員一人一人が節電・節水・節紙などに取り組み、資源やエネルギーの節約を図る。
 ③  施設・設備などの公共物を大切に使用する態度を育成する。
 ④  施設・設備の定期的な安全点検の実施や、破損箇所や危険箇所、汚れなどの早急な整備を行い、安全で快適な教育環境を作る。
 
 
フッターイメージ