中学校の独自学校行事

■スケッチ大会

 春の暖かい日差しの中、スケッチ大会を行います。美しい景観の風景を眺めながら筆を運び、友人たちと語り合う時間となります。


■中学校総合体育大会

 長崎市の中学校が、日頃の練習の成果を発揮して、白熱した試合を見せてくれます。本校も、きつい練習に耐え、仲間とともに乗り越えてきた選手たちが精一杯のプレーを見せてくれます。多くの部が、県大会まで進出しており、中には九州大会や全国大会で上位に入る活躍を見せてくれた部もあります。


■「しま」の生活体験

 2年生120名が、五島で民泊をし、さまざまな体験活動を行います。農業体験、漁業体験等、民泊先での3日間の活動をとおして、たくさんの「しま」の方々とふれ合い、交流を深めることができます。


■職場訪問・職場体験

 進路学習として、1年生は職場を訪問して、職業について知る活動を行います。2年生は、実際にそれぞれの職場で3日間の体験活動を行います。特に2年生での職場体験では、働くことの意味や責任感、そして達成感について考える良い機会となります。


■合唱コンクール

 学級の団結力や級友との心のつながりを歌声にのせて発表します。約1ヶ月前から練習を始め、その中で衝突したり励ましたりしながら、それぞれの学級の歌声ができあがっていきます。その歌声は聴く人に感動を与えてくれます。


■百人一首大会

 学級対抗で百人一首大会を行います。寒い中での大会ですが、札をにらむ生徒たちの胸の中は熱く燃えており、その熱気が伝わってきます。


■グローバルデー

 英語による学年全体による発表会です。英語での発表などを通して異文化理解と他者へのプレゼンテーション能力を身につけるために行っています。