長崎県立長崎東高等学校

World Wide Learning(ワールド・ワイド・ラーニング)

本校WWLの概要

WWLとは

将来,世界で活躍できるイノベーティブなグローバル人材を育成するため,これまでのスーパーグローバルハイスクール事業の取組の実績等,グローバル人材育成に向けた教育資源を活用し,高等学校等の先進的なカリキュラムの研究開発・実践と持続可能な取組とするための体制整備をしながら,高等学校等と国内外の大学,企業,国際機関等が協働し,テーマを通じた高校生国際会議の開催等,高校生へ高度な学びを提供する仕組み(ALネットワーク)の形成を目指す取組である。

 ワールド・ワイド・ラーニングコンソーシアム構築支援事業

研究開発構想

研究開発構想名「世界の平和と共生」に貢献するイノベーティブな人材の育成

研究開発の目的・目標

日本の近代化の礎の地であるとともに、被爆地として世界平和を希求し発信する使命のある長崎から、他と協働しながら新たな価値を創造し、未来社会をよりよい方向へ変革することができるグローバル人材を育成する。そのために、長崎を多様な文化・価値観・社会課題等が交わる「クロスロード」と捉え、日本と海外、文系と理系、都市部と遠隔地等の「協働・共創」をキーワードに教育活動を展開するなかで、『WWL7』として策定した次の7つの力を高めていく。

 

『WWL7』(ひがしで高める7つの力)

  1. 課題発見・解決力…自ら発見・定義した課題に主体的に向き合い、解決に近づく力
  2. 創造力…学んだことを活用し、新たな価値を創造する力
  3. 情報分析・活用力…物事を多角的に捉え、情報を選択・分析・活用する力
  4. 自己表現力…考え・意見を発信し、他者に影響を与える力
  5. 協働性…多様な人々と対話や議論を通じて協働する姿勢
  6. 学ぶ意欲…学問に関心を持ち、自ら高度な学びに向かう姿勢
  7. 地球市民性…世界平和を希求し、持続可能社会に貢献する姿勢 

また学期末に「ひがしルーブリック」による自己評価を実施し、上記『WWL7』(ひがしで高める7つの力)の到達度について評価する。

WWL7ひがしルーブリック

 

研究開発概要

上記の『WWL7』(ひがしで高める7つの力)の育成のため、次の重点項目に特に取り組む。

  1. SDGsの視点をもとにグローバル社会の課題解決を目指す探究活動
  2. 特色ある新たな教科・科目の設定と教育課程の編成
  3. 短期・長期留学などの海外研修やWEBを活用した各種研修の充実
  4. 中高6年間を踏まえた系統的な探究学習の実践と評価方法の策定
  5. 国内外高校・大学・企業等との連携ネットワークの構築と協働学習
  6. 国際会議をはじめ多様な発表の場となる各種フォーラムの実施

研究開発構想図

研究開発構想図1 研究開発構想図1
ページの先頭へ戻る