長崎県立盲学校の校章です。 長崎県立盲学校 アクセス 盲学校の住所、地図はこちらからどうぞ
 お問い合わせはこちらからどうぞ
 
   盲学校を 知りたい方 見えにくさでお困りの方  入学希望の方  在校生・ 保護者の方
 
 学校運営
 各部・寄宿舎
 学校沿革
 特色ある教育活動
 PTA活動
 教育相談
長盲サマーフェスタ2019報告 

長盲サマーフェスタ2019の報告です。

お知らせのチラシはこちらからダウンロードできます。
8月4日(日)に本校で、長盲サマーフェスタ2019が開催されました。

このイベントは、今年から始まり、視覚障害のあるなしに関わらず、多くの人が楽しめるように企画したイベントです。

当日は天気もよく、多くの方が訪れてくれました。

イベントでは、多くのコーナーを設けて、色々な体験ができるようになっていました。

ここから、各コーナーの様子を簡単に紹介したいと思います。


受付の様子

  <スポーツランド>
 視覚障害者用卓球(サウンドテーブルテニス)を体験しました。
 初めて体験した人が多く、初めは音を聞きながらのプレイは難しかったですが、慣れてくるとラリーを続けることができる人もいました。

<健康ランド>
 気軽にできるツボ講座を開講しました。
 特に大人の方に好評で熱心に自分のツボを確認していました。
 また、円筒灸の体験もあり、こちらも好評でした。

  <学習ランド 理科>
 いろいろな触察体験や化学実験を体験し、「盲学校でもこのような学習をするんですね」と驚きの声が聞かれました。
 触察体験では、見えない状態で何を触っているのか当てるのに苦労していましたが、みなさん熱心に触っていました。

<学習ランド 社会>
 実際に授業で使用する点図版の日本地図や凸凹地球儀を触ったり、自分で書いたものを立体コピーにする体験ができました。
 立体コピーが出来上がると、浮き上がった絵や文字に感動していました。

  <生活ランド 点字>
 点字を書く体験や身の回りの点字に触れるコーナーがありました。
 初めて書く点字に興味をもつ人が多く、点字の仕組みを学習して、自分の名前を点字で打
ちました。
 身近な商品にも工夫があることにも驚きの声が聞かれました。

<生活ランド ロービジョン>
 シュミレーションレンズ(弱視体験レンズ)を着用して弱視者の体験ができたり、自分で シュミレーションレンズを作ることができたりしました。
 弱視体験ではボールのキャッチや、落としたお金を探す体験をしました。
 普段、何気ないことでも、弱視の状態では難しいこともあると感じた人が多かったです。

  <生活ランド 歩行>
 目隠しをしての歩行体験をしました。
 単純なルートでも、アイマスクをつけて歩くと難しさを感じる人が多かったです。
 そこで白状を使うと、その便利さに気付きつつも、それでも歩行は難しく、練習が必要だと感じる人も多かったです。

<生活ランド ICT>
 電子黒板を使ったビジョントレーニングや、視覚障害者のiPad使い方などを紹介しました。
 電子黒板体験では、ゲーム感覚で多くの子どもたちが楽しんでいました。
 iPad体験では絵日記を作成し、完成した絵日記を見て喜んでいる様子が印象的でした。

  <生活ランド 食>
 アイマスクをつけて食事体験をしました。
 プリンを食べたり、お茶を注いだりするのに苦労している人もいましたが、見えていなくても工夫すればできるということに気付くことができました。

<ゆとりランド>
 映画の内容を音声でガイドしてくれるアプリ「UDキャスト」の利用体験をしました。
 アプリのことを知らなかった人も多く、映画が始まると驚きの声も聞こえました。

  <便利グッズ紹介>
 メガネのヨネザワさんに協力をいただき、いろいろな便利グッズを展示・紹介しました。
最新の機器もあり、熱心に機器を観察していました。


<資料室公開>
 盲学校の歴史や、歴代の点字板や点字タイプライタを展示していました。
 初めて見る道具などを触ることができ、「今まで知らなかったー」という声が多く聞かれ ました。
 ヘレンケラーの肉声も聞くことができ、多くの人が興味をもって聞いていました。

ページトップへ

 このwebページ内コンテンツの著作権は、長崎県立盲学校に帰属します。
作成・発行  長崎県立盲学校